相続かんたん解説 相続税

相続税とは?相続税の計算方法をわかりやすく解説【2020年最新版】

相続税とは

相続税は、人の死亡によって財産を取得(相続、遺贈、死因贈与)した人にかかる税金で、取得した財産に対して課税されます。

課税されるのは、以下の3つの場合です。

相続税が課税される場合

相続:  遺言書がない場合
遺贈:  生前に遺言書で誰に財産を渡すかが決められている場合
死因贈与:生前に契約書で誰に財産を渡すかが決められている場合

以下の記事でかんたんに相続税のシミュレーションができます。

相続税かんたんシミュレーション

-相続かんたん解説, 相続税

© 2021 ふくろう博士の相続カフェ Powered by AFFINGER5