相続かんたん解説 遺留分

遺留分とは?遺留分侵害額請求権の行使方法、時効、手続も解説

【注:本動画は当サイトで作成したものではありません】

遺留分とは ~最低限の取り分~

法定相続人の最低限の取り分を遺留分といいます。

ゆうこさん
遺言書を書こうと思うけど、遺留分に気をつけないといけないって聞いたわ。

遺留分って何かしら?

遺留分に気をつけないと、後で相続人が揉める原因になります。遺言書作成時には、遺留分を考慮した遺言書を書きましょう。
ふくろう博士
ようくん
親が遺産を残してくれたけど、ボクの取り分がない!どうしたらいい?
まずは時効になる前に遺留分侵害額請求をしましょう。相続に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。
ふくろう博士

遺留分とは

遺留分とは、「一定の法定相続人に保障された最低限の相続分」のことをいいます。
法定相続人でも、兄弟姉妹に遺留分はありません。

例えば、全額寄付するであるとか、愛人に全額あげるなどといった極端な遺言書を作成する人もいるかもしれません。法定相続人は、少しは生活の足しにできると思っていたのに、遺言書を見てびっくり!という極端なことがないように、最低限の取り分が民法で保障されています。

遺留分の計算方法

遺留分は、法定相続分の2分の1として計算されます。
ただし、法定相続人が直系尊属(父母、祖父母)のみの場合は、法定相続分の3分の1となります。

例えば、法定相続人が妻と子供2人の場合、妻の遺留分は4分の1、子供の遺留分はそれぞれ8分の1になります。

遺留分侵害額請求

遺留分を侵害する遺言書が作成された場合、当然に遺留分権利者に財産が分配されるわけではありません。
まず、配達証明付内容証明郵便で遺留分侵害額請求権を行使する旨の通知書を送り、権利行使を明確にしておく必要があります。時効が短く、ばたばたしている間に時効を迎えてしまうこともあるため、注意が必要です。
遺留分侵害額請求書のサンプルはこちらをご参照ください。

遺留分侵害額請求の時効

遺留分侵害額請求には時効があり、「遺贈があったことを知った時から1年間」または「相続開始の時から10年を経過したとき」に時効を迎え、本来請求できた権利を失ってしまう可能性があります。

(遺留分侵害額請求権の期間の制限)
遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

民法第1048条

遺留分侵害額請求が話し合いで解決しない場合

話し合いで解決しない場合には、裁判所に調停を申し立てたり、遺留分侵害額請求の裁判を起こしたりすることで、遺留分を侵害した人から財産を取り戻す手続が必要になります。
裁判になると、1年~数年程度の時間がかかることも珍しくありません。
話し合いで解決しない場合には、相続に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。

-相続かんたん解説, 遺留分

© 2021 ふくろう博士の相続カフェ Powered by AFFINGER5