相続税かんたんシミュレーション

平成27年以降、相続税がかかる人が大幅に増えました

ゆうこさん
うちの場合も相続税がかかるのかしら?
たくさんかかったら、払えるか不安だわ。。。

多額の相続税がかかったら、払えるか心配ですよね。
では、相続税がどのくらいかかるか、簡単にシミュレーションをしてみましょう。
ふくろう博士

法定相続人と財産の確認

家族構成を教えてください(法定相続人)

最初に、法定相続人を確認しましょう。ポイントは以下の通りです。

法定相続人のポイント

配偶者は必ず法定相続人になります。

第1順位:子(子が死亡の場合は孫)
第2順位:父母(父母が死亡の場合は祖父母)
第3順位:兄弟姉妹(兄弟姉妹が死亡の場合は甥や姪)

先順位の人が1人でもいる場合は相続人になれません。

例えば、子が1人でもいる場合は、父母や兄弟姉妹は相続人になれません。

では、具体的に見ていきましょう。

1 配偶者   
2 子供
3 父母
4 兄弟姉妹

法定相続人



財産額を教えてください

相続税の総額の計算

基礎控除額

基礎控除額は、相続財産から差し引く一定の金額で、3000万円+600万円×法定相続人の人数で計算します。基礎控除の範囲内であれば、相続税はかかりません。

基礎控除額



課税遺産総額

財産総額から基礎控除額を差し引いた課税遺産総額に対して、相続税がかかります。

財産総額 - 基礎控除額 = 課税遺産総額

相続税額の総額の計算

まず相続税の総額を計算します。

この際、実際の遺産取得割合にかかわらず、課税遺産総額を法定相続割合で分割したと仮定して計算します。

計算式は、「相続税額 = 課税遺産総額 × 法定相続割合 × 税率 - 控除額」です。

法定相続人 法定相続割合 法定相続割合に応じた取得金額 相続税額

各人の納税額の計算

相続税の総額をもとに各人の実際の相続割合により各人の納税額を計算します。

配偶者の税額軽減の特例があり、配偶者の法定相続分(1億6000万円未満の場合は1億6000万円)までは相続税が課税されません。

法定相続割合で取得した場合

法定相続人 相続税の総額 実際の相続割合 納税額

おわりに

いかがでしたか?

相続税は事前の対策をすることによって、大幅に金額を減らすことが可能な場合もあります。

また、財産に不動産や非上場株式など、換価性の低いものが多い場合には、納税資金をどう捻出するか等の対策も必要になります。

相続税の金額が大きくなりそうな場合は、早めに税理士等の専門家に相談することをおすすめします。

© 2021 ふくろう博士の相続カフェ Powered by AFFINGER5